仮想通貨のセキュリティ対策

仮想通貨、安全のための第2認証って意外と簡単です

ハッカーから大切な仮想通貨を守れ!

 

仮想通貨はバーチャルな世界。

「仮想通貨はやってみたいけど、ハッキングが心配…」

そんな風に感じてる方も少なくありませんよね。

仮想通貨 HYIP案件によるトラブル続出

もしあなたが、コインチェックビットフライヤーといった
仮想通貨取引所を利用しているのであれば
セキュリティ対策としておススメなのが第2認証です。

 

「第2認証って何?」

 

取引所にログインするには
通常、IDとパスワードを入力しますよね。

でも、それだけだと不正アクセスされてしまうことも。

第2認証はそんな不正アクセスから
あなたの大切な仮想通貨を守ってくれる
『ボディガード』のようなもの。

仮想通貨のセキュリティ対策

「面倒じゃない?」

確かに、IDとパスワードを入力するだけよりひと手間かかります。
でも、設定も使い方も意外と簡単♪

 

私は「ビットフライヤー(bitflyer)」と「コインチェック(coincheck)」を
利用してますが、どちらも簡単に設定できるし、ログインする際の手間も
3ステップだけなのでなので慣れちゃうとほんのひと手間って感じ♪

「ハッキングされるのでは?」

と心配しているよりも精神衛生上、ずーーーーっとよいですよね!(^^)!

 

ビットフライヤーの場合、以下のようなステップで第2認証ができます。

1.ログイン画面で「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。

ビットフライヤー ログイン画面

2.第二認証画面に切り替わります。
「確認コードを送信する」の青枠部分をクリックします。

ビットフライヤー 第二認証画面

3.入力したアドレスに6桁の数字(確認コード)が送られてきますので
コピーし先ほどのビットフライヤーのページの白枠内にペーストし、
「確認」をクリックすれば完了!

ビットフライヤー 第二認証画面

ビットフライヤーの場合、以下のようなページに切り替われば成功です。

ビットフライヤー 第二認証画面

みなさんも是非、第2認証で大切な仮想通貨をハッカーから
守ってあげてくださいね★

文責:はた坊@川端真弓

 

★ビットフライヤーで仮想通貨取引をするならこちらから
日本初の仮想通貨取引所『ビットフライヤー』
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です