仮想通貨用語集

仮想通貨用語集【テキスト版】

知ってるよーで知らないことがいっぱいの仮想通貨の世界。「ブロックチェーン」「マイニング」「トランザクション」など、横文字が並んでいてわかりにくいですよね?
仮想通貨用語集は、そんなわかりにくい仮想通貨にまつわる用語についてまとめてあります。

1.ビットコイン(Bitcoin)とは?

仮想通貨のひとつで、世界初の「暗号通貨」。通貨の単位は「BTC(ビーティーシー)」。2008年にサトシ・ナカモトという人物が、「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文を発表。2009年から公開され運用開始。ワードプレス社がオンライン決済に導入した頃から爆発的に世に知れ渡ることに。
銀行などを通さずにインターネットを仲介し直接個人同士で取引ができるため、手数料が安く、口座を持てない人たちでも送金が可能。ビットコインでのやり取りは「ブロックチェーン(公開取引記録)」という台帳にすべて記録。「マイナー(採掘者)」と呼ばれる人たちが監視することで、取引記録を改ざんされる可能性が低く安全。世界でのシェアは一番多く、日本でもビックカメラをはじめ、レストランやエステ、英会話教室、カフェなどで使用することができます。
動画で見る

2.仮想通貨とは?

「暗号通貨」「デジタル通貨」とも呼ばれる、実体のないバーチャルなお金のこと。私たちが日頃手にしているお金(法定通貨)は国が発行。仮想通貨は特定の国が発行しているお金ではなく、「プロトコル」と呼ばれる「ルール集」にのっとって利用者全員で「発行」と「管理」を行っています。デジタル通貨を入れておくお財布(ウォレット)さえあれば、世界のどこにいても使うことができる「国際通貨」でもあります。
仮想通貨の中でも、「ブロックチェーン」と呼ばれる暗号技術を使った通貨が「暗号通貨」。その代表格がビットコインです。他にはリップルやイーサリアム、ライトコイン、ダッシュなど全世界に約750種類以上(2017年現在)の仮想通貨が存在。投資や投機目的以外にも法定通貨のように買い物や支払い・送金に使えるだけでなく、種類によっては不動産の売買契約などにも使うことができます。
動画で見る

3.暗号通貨とは?

仮想通貨のひとつで、不正や改ざんなどを防止する対策として「ブロックチェーン」と呼ばれる暗号技術をベースに作られた通貨のこと。発行と管理は「プロトコル」というルール集を元に行われ、金融機関を通さず直接取引をしますが、すべての取引をマイナー(採掘者)たちが監視。取引記録を改ざんするのは難しいと言われています。ただし「絶対に安全」というわけではなく、最近はハッキングの被害も聞くようになり、暗号通貨の取引所でもセキュリティの強化を図っています。
英語だと暗号通貨が「Cryptocurrency(クリプトカレンシー)」と訳されるのに対し、仮想通貨は「Virtual currency(バーチャルカレンシー)」と訳されることから、一般の人にイメージしやすい名称として、日本では暗号通貨よりも仮想通貨のほうがよく使われています。ちなみに、世界で初めて作られた暗号通貨は2009年に登場した『ビットコイン』ですが、日本初の暗号通貨は『モナーコイン』になります。
動画で見る

4.ブロックチェーンとは?

ビットコインならビットコイン、リップルならリップルというように、1種類の暗号通貨で起きるすべてのやり取りを記録した「公開取引記録」のこと。「いつ・どこで・誰が・何を・どうしたか」といった、同じ暗号通貨を持っている人同士の情報が、世界中に点在するコンピューターへ蜘蛛の巣のようにデータが分散するため「分散型台帳」とも呼ばれています。
プロトコル(ルール集)により、1つのブロックに入る取引情報の量は決まっています。ビットコインであれば、約10分ごとに新しい取引の情報がまとめられ、最後尾のブロックの後ろに追加され、はじめて取引成立。こうしてブロックが、1本のチェーンのようにつながっていくためブロックチェーンと言われています。
動画で見る

5.P2P(ピアツーピア)とは

P2Pはpeer-to-peerの略称。Peerは「仲間」を意味し、中央のサーバーを通さず、不特定多数のコンピューターで直接やり取りをするシステムのこと。例えば、E-mailだとニフティやYahoo、グーグルといったサーバーを通してメールを送っていますが、LINEやSkypeの場合、これらのサーバーを通さず直接会話をしたり、文章や写真などを送ったりすることが可能。
通常サーバーがダウンすると、そのサーバーにつなぐ全てのコンピューターに影響を与える可能性が高くなりますが、P2Pの場合、どこか1カ所のコンピューターに不具合が発生したとしても、全体に影響を与える可能性が低く、このような特徴から「分散型ネットワーク」とも呼ばれています。ブロックチェーンという暗号技術を使ったビットコインなどは、P2Pシステムの中に作られた代表的な仮想通貨です。
動画で見る

6.プルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは

直訳すると「仕事量の証明」「仕事の証拠」という意味。暗号通貨の各取引をマイナーと呼ばれる採掘者が「この取引は正しいです」と承認するための、ブロックチェーンで使われている「認証方式」のこと。認証方式の種類は「PoW」「PoS」「Poi」の3つ。ビットコインは、PoW方式によりマイニングと呼ばれる承認作業を行っています
作業は暗号通貨を使った取引の情報以外にも、ランダムな数字が取引毎に収められた100~1000個の問題が入ったブロックの中からコンピューターが勝手に計算をし、答えをはじき出していきます。この作業は複数のマイナーたちが同時に行い、一番最初に問題を解いたマイナーはご褒美として、決められた量のビットコインを得ることができます。このマイニング作業により、ビットコインは安全性の高いコインであると言われてきましたが、承認までに時間がかかるなどのデメリットもあります。
動画で見る

7.デジタル署名

電子署名は電子上(Web)で本人だという証明をする仕組みのこと。デジタル署名は「公開鍵」という暗号技術を使った仕組みのことで、日本では以前から電子カルテや電子入札などにも使われている技術です。ビットコインなどの暗号通貨にも使われ、「公開鍵(パブリックキー)」と「秘密鍵(プライベートキー)」の2つを使うことで、「なりすまし」や取引データの「改ざん」といった不正行為を防止することができます。
初めに送信者は公開鍵と秘密鍵をネット上で生成。先に公開鍵を受信者に送っておき、次に取引データから導き出した「ハッシュ関数」を秘密鍵で暗号化し、「デジタル署名」として送信。受信者は最初に送られてきた公開鍵を使い、取引の内容を復元することが可能。秘密鍵は暗証番号と同じなので、他人に教えたり盗まれたりしないことが重要です。
動画で見る